2020年おすすめしたい本5選

コロナウイルス感染拡大によって、日々不安な思いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんなコロナウイルス感染拡大だからこそ、2020年に読んだ本で特におすすめしたい本を5冊選んでみました。

感染症の世界史

人を介して感染するなどコロナウイルスに通ずる内容もある

感染症は微生物から始まった点に着目して書いた本です。

20万年続く地球からみた感染症や日本の感染症、そしてピロリ菌、エボラ出血熱やデング熱など様々な感染症について触れています。

疫病と世界史

AmazonのKindleでは安く読むことができ、サンプルがダウンロードできる

紀元前500年から紀元1200年までの疫病に注目して書かれている上下2冊からなる書籍です。

初版は1980年代ですので、比較的情報も古く、ご存じの内容も多く含まれています。しかし、その内容を含めても世界の歴史から見た観点で読むと非常に面白いです。

ペスト

著者はペストが感染拡大されている時代ではないが、よりリアルな描写が特徴。

ペストといえば、有名な著者カミュを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

著者は、リアルな人間模様はナチスドイツの経験から影響を受けています。

舞台は、アルジェリアのオラン。医師のリウーが鼠の死体を発見してから次々と原因不明の病が拡大していくストーリーです。

ペスト

感染症のリアルでグロテスクな描写がインパクト大。

カミュのペストをご存知の方には、ぜひこちらも読んでいただきたいです。

こちらはカミュのペストとは内容が異なり、ペストの資料を元に書かれています。ペスト感染拡大のリアルな描写が特徴です。

ペストに感染するとどのような状態になっていくのか、描き方が非常にイメージしやすく、思わず身震いするほどです。

サピエンス全史(上下)

重量感のある上下2冊のため、積極的に読書をする方におすすめ。

人類についてより迫った内容を執筆している著者として有名なユヴァル・ノア・ハラリ。

コロナウイルスが発見された当初から、メディアに出て注目をされてきました。そのようなメディアから知った方も多いのではないでしょうか。

学生の頃にこちらの本を読んだ私は、人類史はこんなにも面白いのかと衝撃を受けました。

2020年10月に発売されたパンデミックも合わせて読むとより面白さが増します。

コロナウイルス感染拡大だからこそ、読みたい5冊

今の時代だからこそ、読んでみたい書籍。そして、改めて注目されている5冊をピックアップしました。

今年、こちらの5冊は在庫がない状態が続いていました。私自身も入荷待ちまで何ヶ月も待っていたほどの人気ぶりです。

ぜひ、この機会に読んでみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!