今日本で流行しているクラブピラティスとは?コロナウイルスの感染対策から評判まで

ピラティスと聞いてどのようなイメージがあるでしょうか。ピラティスとは自分の身体や自重を利用しながら行う方法です。

その一方で、最近流行っている「クラブピラティス」は機械を用いながら行う方法です。機械を用いてと聞くと難しく聞こえてしまいそうですが、機械の種類も多種多様あり、自分に合った機械を使うことができるので安心です。

これから、最近流行のクラブピラティスについて詳しくご紹介します。

クラブピラティスとピラティスの違い

先程お伝えしたように、クラブピラティスとピラティスでは機械を用いるか用いないかが大きな違いです。

ピラティスは、戦争で負傷した兵士のために開発されたリハビリテーションです。

そのため、身体が無理のない範囲で行えるように、クラブピラティスでは配慮されています。

そしてピラティスで使用する機械であるフォーマーも元の体にに戻すことが由来されています。

クラブピラティスとは?

Do pilates Do lifeを掲げているクラブピラティスとはどのようなピラティスなのでしょうか。その詳細についてご説明します。

アメリカのサンディエゴから始まった650店舗以上を展開するピラティススタジオ

このクラブピラティスは、元々アメリカのサンディエゴヵら始まったピラティススタジオです。

アメリカでは、数年前から暗闇の中自転車を漕ぎながら行うワークアウトがスタートし話題になりました。

このように、新しいワークアウトが始まることが多いアメリカで、このピラティススタジオがスタートしたのも納得できます。

立地も工夫されている恵比寿店と片瀬江ノ島店

2020年には念願の日本でのオープンがスタートしました。2021年2月現在では、恵比寿店が1号店そして片瀬江ノ島店が2号店があります。

恵比寿と聞いてイメージされる方も多いでしょう、恵比寿ガーデンプレイスの中にある店舗が1号店です。

室内の雰囲気は多種の観葉植物が置いてある都会的な雰囲気が漂うスタジオです。

片瀬江ノ島店では、海を見ながら行うようなスタジオになっているので、都会から離れてリラックスした雰囲気の中で行うことができます。

近年ピラティスやヨガが流行していますが、その一方で展開している店舗や進出している場所が都会であればあるほど良い立地を選ぶのは難しいです。

しかし、クラブピラティスではこのような特徴があります。

クラブピラティスの特徴


バリアフリー対応など立地もしっかりと配慮
スロープを完備しているため、車いすの方も安心 

また、混雑した場所が苦手な方にも安心して行っていただけるプライベートの部屋も用意されています。

クラブピラティスのワークアウトや特徴について

では、クラブピラティスのワークアウトはどのように行われているのでしょうか。クラブピラティスならではの方法も合わせてお伝えします。

ひとり当たり15種類のアイテムを使用し、786種類のワークアウトができる

ひとり15種類の機械を使用することができるという豊富さはもちろんですが、その15種類を使うことによって786種類のワークアウトができる仕組みになっています。

負荷のかけ方は、ひとりひとりに合わせたものを選ぶことができるのでご自身にあったメニューを組めます。

トレーナーはすべての機械を使いこなせる方のみのため安心

ピラティス以外のジムやヨガなどで気になるのがトレーナーです。どのようなトレーナーがいるのか、どのようなシステムなのか気になる方も多いと思います。

このクラブピラティスでは、すべてのトレーナーが全部の機械を使いこなせます。そのため、使い方や負荷のかけかた、ワークアウトにおいて悩みがある場合もスムーズに解決できます。

機械を使うことでより深い部位にアプローチすることができる

機械を使用しないピラティスも筋肉の深いところまでアプローチできますが、より深い部分に負荷をかけたい方には、機械を用いることをおすすめします。

例えば腹筋を行うときに、通常の腹筋をするよりもある程度重いボールを用いることや、二の腕などのトレーニングではゴム製の紐を使って負荷をかけるなどをするとより深い部位にアプローチできるようなイメージで考えると分かりやすいでしょう。

機械の使い方によって、より負荷をかけるなどたくさんの方法がありますので悩んだときはぜひトレーナーに相談してみてください。

レベルに合わせてレッスンのクラスが変わる

レッスンのクラスは体力や年齢そしてどのくらいのトレーニングを考えているかなどによって、クラスが分けられます。レッスンのクラスについていけないもしくはもう少しハードなクラスにしたい場合は、変更することも可能です。

 大人数でのレッスンが苦手な方は、個別のレッスンも行っているのでぜひご相談を

不安な方はぜひ入会前に無料の体験がおすすめ

クラブピラティスがどのような場所か、自分に合うのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方も、また入会しようとしている方もぜひ無料体験を行っているので申し込みしてみてください。

 プログラムは、無料体験も普段レッスンしているメニューと同じものを用意している

クラブピラティスのコロナウイルス感染対策方法について

今のご時世に気になるのが、コロナウイルス対策がどのくらいされているかでしょうか。

クラブピラティスでは、細部にわたり配慮されていることもあり、感染対策も徹底しています。どのような対策をしているのか詳しくご説明します。

検温と消毒を入り口に配置

入り口にはすぐに体温がわかるようなパネルが用意され、消毒も近くにあります。そのため、入ってすぐに感染対策を行えるようになっています。

定期的な換気を行っている

レッスンの合間の時間を利用して、定期的に換気を行っています。必ず各レッスンごとに換気を行っているので、空気がこもることなく安心してレッスンができます。

チェックインはQRコードを読み取る

通常受付のスタッフがおり、行うようになっています。しかし、コロナ感染対策の関係で非対面式チェックインの方法をとっています。

チェックインは、事前にレッスン申し込みの方がQRコードを用意します。そのQRコードを、スマートフォンに機械をかざすと読み取られチェックインができるシステムです。

一人一人の距離はしっかりとソーシャルディスタンスを保つ

どうしてもレッスンとなると、周りの距離感が気になりますがしっかりとソーシャルディスタンスを守った配置になっています。

また、機械の距離もしっかりとコロナウイルス対策を考えておりますので安心してレッスンができます。

レッスン時は手袋を着用

レッスン時は、予めクラブピラティスで用意されている手袋を着用して行います。そのため、接触感染の部分でもしっかりと対策しています。

 アレルギーなど手袋のゴム製品の着用が難しい方は、無理せずスタッフにご相談がおすすめ

まとめ

このような状況でも、しっかりとコロナウイルス対策がされているクラブピラティスです。無料体験も行っているので、ぜひ一度レッスンを行ってみてください。

こちらの記事は、株式会社Club Pilates Japanから直接ご依頼いただいたPR記事です。
最新情報をチェックしよう!