接客·販売のノルマとは

接客や販売でよく聞く「ノルマ」の基準は、組織や企業により異なります。

今回、この「ノルマ」についてご説明します。

ノルマの基準は企業により異なる

「ノルマ」は企業や業種などにより基準は異なります。

ここからは、私が様々な接客や販売を複数経験している観点から、より詳しくお伝えします。

店舗も個人も「ノルマ」がある企業

店舗と個人、両方に対してノルマがある企業は多くあります。

特にアパレル業界は、昔に比べ伸び悩んでいます。そのため、ネット販売のみに切り替えたブランドがあるほか、以前から衣服の廃棄量も問題になっています。

そのようなアパレル業界でお仕事されているスタッフは、ノルマ達成が厳しい傾向があります。実費で衣服を多く購入する方も少なくありません。

また、アルバイトから社員までノルマの金額が毎日しっかりと設定され、お給料やボーナスに影響する場合があります。

 ノルマとは

店舗と個人のノルマがある。
その両方をノルマとしている企業が多い。
お給料にも影響する。

店舗や個人は「ノルマ」ではなく「目標」と設定している企業

「ノルマ」ではなく「目標」を設定している企業もあります。その場合、達成できないときに実費で払って目標達成することは、スタッフ個人によって考え方が異なります。

「ノルマ」でなくても「目標」がある場合、ノルマのある企業と同じように、毎日の目標金額を設定している場合が多くあります。

ただ、アルバイトや契約社員のときはお給料に影響する可能性が低いですが、正社員になると影響すること可能性が高いです。

ノルマを目標と設定している場合

正社員になるとお給料に影響されることがある。

店舗のノルマのみ設定されている企業

一番スタッフがリラックスして接客や販売ができるのは、「ノルマ」が店舗のみの場合です。

スタッフには直接関係なく、お給料などに響くことが少ないためです。

しかし、このようなノルマが個人にない企業は少ないので非常にめずらしいといえます。

店舗のノルマのみがある場合

非常にめずらしい企業
お給料への影響は少ない

まとめ

企業によって「ノルマ」の基準が異なることはお分かりいただけたでしょうか。。

ぜひ、接客業を考えている方は参考にしてください。

最新情報をチェックしよう!