おすすめ日本製革靴ブランド8選

革靴のメーカーは、国内外幅広いブランドやメーカーがあります。その中でも、日本人の足型に合うブランドや革質の優れている日本製の革靴ブランドをご紹介します。

紳士革靴ブランドおすすめ8選

誰でも一度は聞いたことがあるメーカーも多く含めてみました。

ぜひ、お気に入りのメーカーを見つけてみてください。

リーガル

引用:REGAL SHOES

リーガルは、日本製革靴が元になっており、アメリカと共同で革靴を作り始めました。

しかし、途中からアメリカの会社がなくなり、今日では日本の会社として幅広く知られるようになりました。

グッドイヤーウェルト製法に力を入れているブランドとして知られていますが、中にはマッケイ製法とあまり金額に差がない型番もある良心的なブランドです。

オーダーメイドもあり、フルオーダーからパターンオーダーまで好みに合わせて注文が可能です。

 公式ホームページ

スコッチグレイン

引用:スコッチグレイン

スコッチグレインは、日本人の足の特徴を研究に研究を重ねているヒロカワ製靴のブランドです。そのため、より日本人が履きやすい作りを重視しています。

また、スコッチグレインのすべての靴をグッドイヤーウェルト製法から作られているため、より長く愛用してほしい気持ちも込められています。

 公式ホームページ

三陽山長

引用:三陽山長

三陽山長は、ブランドのスタートが2000年とまだまだ新しいですが、老舗ブランドに負けない日本人に合う靴を考えています。

日本人の足型に合う木型はもちろん、お客様からの反応を見ながら商品に取り入れるなど反映させ、成長しつづけるメーカーです。

型番を和名にしている点もこのメーカーならではの特徴です。

公式ホームページ

ユニオンインペリアル

引用:ユニインインペリアル

ユニオンインペリアルは、ユニオンロイヤル社のブランドです。

また、日本で初めてイタリアンマッケイ製法を使用したため、イタリア高級メーカーのマレリー社と技術提携を結ぶことでも話題になりました。

グッドイヤーウェルト製法は、長持ちですがそのぶん硬さや重さなどがあります。ユニオンインペリアルでは、そのような部分を改良したボロネーゼ式グッドイヤーウェルト製法を使用しています。

公式ホームページ

大塚製靴

引用:大塚製靴

大塚製靴は明治5年から創業している老舗ブランドです。

西洋からの新しい文化である革靴を日本人へと定着させたブランドと言えるでしょう。昔からの皇室御用達のビスポークシューズを作っているブランドとして知られています。

公式ホームページ

MIYAGI KOGYO

引用:MIYAGI KOGYO

OEM生産とパターンメイドと知られるMIYAGI KOGYO。

70年間革を扱ってきた経験を元に、日本だからこそできる繊細な見た目とビスポークシューズを合わせたデザインで知られています。

ソールはコルク部分を練りコルクに、くるぶしまわりは深めに作ることで履き始めから履き心地がいいよう工夫されています。

 公式ホームページ

ペルフェット

ビナセーコー社が立ち上げた新しいブランドがペルフェットです。

ヨーロッパらしい細身のシルエットで作るグッドイヤーウェルト製法が特徴です。

地面から見たときにテーパードしているピッチドヒールという珍しい方法を採用しているので、横から見たシルエットがとても綺麗な作りになっています。

公式ホームページ

セントラル

浅草で紳士靴を作っているセントラルですが、以前は三陽山長などOEM生産のみでした。

しかし、2012年にワールドフットウェアギャラリーとのコラボレーションでオリジナルブランドセントラルをスタートしました。

1日25足という数で生産しており、カーフを多く使用しているため、一足一足の仕上がりが繊細で綺麗です。

お気に入りの日本製革靴を見つけよう

皆様ご存じのブランドからあまり知られていないブランドまでご紹介しました。ぜひ気になったブランドがありましたら、チェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!